1. HOME
  2. 事業案内
  3. 原料販売
  4. 安全でどこよりも安価に提供

原料販売

Raw material sales

原料販売

安全でどこよりも安価に提供

幹細胞培養液とは?

私たちのカラダは、約60兆個、200種類以上もの細胞が集まってできており、それぞれの細胞は、筋肉なら筋肉の細胞、神経なら神経の細胞というように細胞ごとに役割分担を持っています。

でも、これらの細胞は、はじめはたった1つの「受精卵」なのです。

この受精卵は、何度も細胞分裂を繰り返して数を増やしていきます。その途中で、それぞれの細胞が自分の役割に見合う形や機能を身につけ、60兆個、200種類以上もの細胞へと増殖・分化していきます。

しかし細胞の中には、決まった役割を持たず、様々な細胞になれる細胞があります。

これが「幹細胞」です。

幹細胞は、さまざまな細胞になることができる能力(多分化能)と、自分とまったく同じ能力を持った幹細胞をコピーできる能力(自己複製能)を持っているすばらしい細胞で、世界で注目を集めている「幹細胞培養液」の基となる成分です。

この幹細胞は、私たちが病気やケガをすると、カラダのSOSをキャッチして傷ついている場所に集合し、増殖・分化を繰り返すことで、失われた細胞を再生して補い、組織の機能を回復させるという重要な働きをします。

幹細胞培養液とは?

幹細胞培養液とは、幹細胞を培養するときに、幹細胞が分泌する成分のことです。
この成分には、500種類以上のタンパク質成分が含まれており、
そこにはサイトカインと呼ばれる細胞活性のカギとなる情報伝達物質が豊富に含まれています。近年、化粧品成分として注目されているEGFやFGFなどの成長因子(グロースファクター)はサイトカインの一種です。

一般的な細胞は培養しても、これほど多くの成分を分泌しないので、幹細胞独特の機能と言えます。幹細胞培養液には、幹細胞自体は入っていないので、倫理的な問題や遺伝子の問題はありません。この成分こそ、世界で注目を集めている再生美容のコア成分です。

幹細胞培養液とは?

これまでの化粧品との根本的違い

ヒト由来の幹細胞培養液は「根本治療」

これまでの基礎化粧品では、根本的な解決になっていない。

加齢や紫外線、大気汚染などにより、肌が老化してターンオーバーが乱れると、ハリ・弾力・うるおいの減少が起こり、シワやたるみなどの症状として現れたり、メラニン色素が肌に蓄積して、シミやくすみなどの症状として現れます。

これは、肌を支える「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」といった肌を構成する成分の損傷や減少によって起こるため、基礎化粧品で、それらの成分を“補っていく”という「対処療法」が主でしたが、肌老化の根本的な解決にはなっていませんでした。

ヒト幹細胞コスメ … 根本治療

ヒト幹細胞コスメは、皮膚から「ヒト由来幹細胞培養液」を浸透させることにより、「表皮幹細胞」、「真皮幹細胞」の両方を活性化、肌の内部でコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの肌組織を“創り出す”という「根本治療」を可能にしています。

ヒト由来の幹細胞培養液は、「補う」のではなく、「創り出す」という根本治療を目指した最先端の美容原料です。

幹細胞の違い

幹細胞であれば、どんな種類でも効果を発揮するわけではありません。細胞の代謝は、レセプター(タンパク質)に、リガンド(結合物質)が結びつくことで高い親和性を発揮して、効果的に活性がはじまります。
つまり、レセプター(カギ穴)に合うリガンド(カギ)をでないとエンジンが掛からないのです。

「ヒト由来」の幹細胞培養液エキスには、レセプターとリガンドに一致するカギとなる成長因子などのサイトカイン(細胞活性のカギとなる情報伝達物質)が豊富に含まれています。

“4か月腐らないリンゴ”の幹細胞を培養したリンゴ幹細胞などが有名です。高い抗酸化力と皮膚幹細胞の活力、毛包の老化を遅らせると言われていますがヒトの細胞と仕組みが根本的に異なるため本来のチカラを発揮しきれません。
羊などのプラセンタから抽出される幹細胞が有名で、植物由来の幹細胞よりもヒトの幹細胞に近いと言われていますが、やはりヒト由来の幹細胞の方が馴染みが良く、安全面でもまだ不透明な部分が多いため注意が必要です。
細胞のレセプターに一致するリガンドとなる成長因子などのサイトカインが豊富に含まれているため親和性が高く、組織再生効果があると言われています。今後さらに、再生美容や化粧品分野での様々な可能性が期待されています。

ヒト由来幹細胞培養液の種類

脂肪幹細胞

間葉系幹細胞(多様性)の一種であり、間葉系幹細胞から有効成分だけを抽出した脂肪幹細胞(単一性)である。皮膚や骨や筋肉を作る幹細胞で美容液で使用すると肌の改善に効果的である。
脂肪幹細胞は、チロシナーゼの分泌が抑制されることが見られずメラニン細胞の分化(増殖)を阻害する効果も見られない。

神経幹細胞

神経幹細胞(多様性)幹細胞である。脂肪幹細胞よりも細胞の分化が多く治療に使われることが多い細胞である。美容液で使用すると美白効果が脂肪幹細胞より高いことは、科学的に証明されている。神経幹細胞はチロシナーゼの分泌が抑制されメラニン細胞の分化(増殖)を阻害する効果が強い。

神経幹細胞も脂肪幹細胞も大きく肌の再生効果に違いはないが、美白や肌理などの効果は神経幹細胞の方が強く感じられることが、研究の結果分かっている。

育毛・アンチ
エイジング幹細胞

神経幹細胞からより、育毛や肌質改善により親和性の高い幹細胞を抽出した製造特許取得成分です。
この細胞から作られる様々なグロスファクター(再生因子)が休眠状態の幹細胞を活性化して毛髪サイクルやターンオーバーを正常化、育毛・肌の再生を促します。

先進ナノ技術が可能にした「CDS浸透技術」を採用

私たちのヒト幹細胞は、美容成分をカプセルに凝縮し超微粒子化する先進ナノ技術を採用。
肌角質層の奥深くに浸透しやすいリポソーム構造により、
美容成分を必要とする皮膚細胞に効率よく誘導し、直接届けます。

浸透への3Step

肌へ奥深くまで浸透
皮膚内に貯蓄
必要な箇所で徐放

育毛・アンチエイジング幹細胞培養液について

「育毛・アンチエイジング」に特化したヒト幹細胞培養液が誕生

加齢と共に増える悩み
頭髪・まつ毛・眉毛ダメージ
頭髪やまつ毛は、パーマやカラー、ドライヤー、エクステ、マスカラなど、日々のアイメイクによってダメージが蓄積しやすく、また眉毛も過度な脱毛によりスカスカになってしまいやすい部位です。
毛髪を育む地肌・根元を健やかに保ち、環境を整える必要があります。
老化によるシワ・たるみ
顔や頭皮は他の部位に比べ、大気汚染や紫外線などにより特に肌トラブルが起きやすい非常にデリケートな部位です。年齢や乾燥・日射しなどのダメージを受けやすいと言われています。
いつまでも美しく若々しい印象を与える美しい肌でいるためには、特に上質なケアが必要です。

「育毛・アンチエイジング幹細胞培養液」とは毛髪や肌を根底から若返らせる製造特許取得成分です

細胞レベルで再生・活性化 最先端の幹細胞ケアが毛髪と肌を甦らせる

幹細胞をヒトの肌に注入することで、細胞が活性化。この細胞から作られる様々なグロスファクター(再生因子)が休眠状態の幹細胞に作用。毛髪サイクルやターンオーバーを正常化して育毛・肌の再生を促します。

医薬品の治療成分と比較しても毛密度が大きく改善
薄毛に効果的な治療として利用されている医薬品成分「ミノキシジル」より毛密度が大きく改善されることが治験により実証されています。

毛包幹細胞を活性化し、ヘアサイクルを正常化

毛包の根元には、バルジ領域と呼ばれる部位があり、そこに存在する「毛包幹細胞」が細胞分裂することで、毛髪が形成されます。しかし、この毛包幹細胞の働きが悪くなることで、休止期から成長期への
毛髪サイクルがストップしてしまい、毛周期の異常が発生します。

幹細胞を頭皮に注入することで、毛根の周囲に存在する細胞が活性化。この細胞から作られる様々な成長因子(グロスファクター)が休眠状態の毛包幹細胞に作用して、休止期から成長期へと正常な毛髪サイクルに移行するスイッチを入れて発毛を促します。

ヒト由来幹細胞コスメの市場と動向

市場規模

米韓市場規模:兆円 日本市場規模:億円

米韓での市場規模が1兆円を超えている現状ではありますが、大手エステサロンへのメニュー展開はこれからです。
日本では、トレンドとなりつつありますが、現状では販売ルートや専門店での展開が確立されておらず、ネット通販に偏った販売手法となっています。
エステサロン店舗展開・美容機器販売店としての実績がある当社なら、エステサロンやネット通販、専門店(加盟店・FC 展開)などの様々な販売形態に対応できる付加価値を与えた販売が可能となります。

ユーザー動向/意識

Q. 将来のエイジングケアを進歩させると思われるものは何ですか ?

ユーザー動向/意識

Q. 幹細胞コスメのうち、最も美容効果が高いと思われる配合成分は何ですか?

日本市場での現状

米韓での市場規模が1兆円を超えている現状ではありますが、大手エステサロンへのメニュー展開はこれからです。

日本では来年から再来年にかけてトレンドとなる見込みはありますが、現状では販売ルートや専門店での展開が確立されておらず、ネット通販に偏った販売手法となっています。
当社は、エステサロン店舗展開・美容機器販売店としての実績があります。エステサロンやネット通販、専門店(加盟店・FC 展開)などの様々な販売形態に対応できる付加価値を与えた販売が可能となります。

神経幹細胞培養液化粧品 使用効果

Before
After
2ヶ月後
38歳 女性
ほくろの色に変化がありすごく驚いています。肌全体が明るくなった気がしています。その他、細かいシワやそばかすが目立たなくなった気がしています。嬉♪ 毎日朝晩たった3滴を使用しています。べたつかず、つけ心地も◎使い続けます!
Before
After
27歳 女性
なんでも新しい物が好きなのでヒト神経幹細胞培養液で赤ちゃん肌??っと興味津々と同じくらい半信半疑でしたが施術が終わった時の感動はすごい!白くなったしモチモチ♪翌朝もお化粧前にたった2滴の使用で日中暖房の聞いているオフィス内でもつっぱらず快適に過ごせました♪
Before
2週間後
1カ月後
1カ月半後
39歳 女性
シミにはもう医療レーザーしか薄くする方法はないかと諦めていましたが小さなシミが本当に薄くなりました。他にも全体の肌トーンが明るくなりましたし、ハリと透明感が確実にアップしたのを実感できました。ヒト神経幹細胞培養液を配合した美容液は「日本初」とゆう事で今後の効果が楽しみです。

更に特許技術で育毛に必要な
成長因子のみを抽出育毛幹細胞

新成分育毛幹細胞培養液

皮膚から幹細胞を採取し育毛に特化した成長因子のみを抽出。日本とアメリカで特許取得済み。
あの「ミノキシジル」よりも効果があるという研究結果が出ております。

新成分育毛幹細胞培養液

3週間の効果

3週間の効果
3週間の効果

幹細胞培養液の最大の効果

肌が老化すると、シミやくすみができたり、ハリ、弾力、うるおいがなくなったり、シワ、たるみなどの症状として現れます。
このうち、シミやくすみができる直接的な原因は、「新しい肌を生み出す」肌のターンオーバーが乱れ、メラニン色素が肌に蓄積して色素沈着したり、肌の透明感が失われたりしてしまうこと。そして、ハリや弾力、うるおいがなくなったり、シワ、たるみができたりする原因は、肌を支える「コラーゲン」「エラスチン」「ヒアルロン酸」などのタンパク質の損傷や減少にあります。

これまでのスキンケアでは、サポート成分によってシミの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、できてしまったシミのメラニン色素を薄くしたりすることで、シミやくすみを改善してきました。また、不足しているコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を補うために、皮膚の上から補給させようと浸透技術の開発が盛んに行われていました。しかし、こういった従来のスキンケアは、足りないものを補うといった対処療法にすぎず、肌老化の根本的な解決にはなってい ませんでした。

幹細胞培養液は補うではなく創り出すことに注目した幹細胞コスメです。

エビデンスはこちら

当社の幹細胞培養液は高品質
安全でどこよりも安価に提供いたします。

他社よりも高い場合はお伝えください。
どこよりもお安く提供いたします。

問い合わせ
資料請求(必須) 必要不要
業務形態(必須) 法人サロン個人
お名前(必須)
会社名/店名(任意)
部署/支店名(任意)
郵便番号(必須)
住 所(必須)
電話番号(必須)
FAX番号(任意)
メールアドレス(必須)
お問い合わせ/
ご質問等 (任意)
ODMの仕様をご入力ください(話がスムーズに進みます)
製品仕様 オーダーメイドレディメイド
製品ジャンル(複数可) スキンケアヘアケア
希望ロッド数 1003000その他希望数 
原料支給資材支給
販売方法(複数可) 店舗販売通信販売紹介販売

Translate »